医療機器の紹介

CVポートビジュアル解説

印刷用
CVポートビジュアル解説をツイートする CVポートビジュアル解説をFacebookでシェアする

動画: CVポート(リザーバー)とは


抗癌剤を用いた化学療法(大腸癌、乳がん等)や長期間の高カロリー輸液投与など皮下埋め込み型中心静脈カテーテルを使用した治療を行う患者様にCVポートの内部構造やCVポートの埋め込み位置などをわかりやすく解説。

動画は従来型の携帯電話には非対応です。


CVポートは血管内にお薬を長期間注入する場合に用いられリザーバーと呼ばれることもあります。主に抗癌剤治療を実施する化学療法や長期間の高カロリー輸液の投与などに用いられます。
CVポートは直径2~3cmの小型円盤状のタンクとカテーテルと呼ばれるチューブから出来ています。ポートの中心にはセプタムと呼ばれる圧縮されたシリコーンゴムがあり、そこにヒューバー針もしくはフーバー針と呼ばれる専用の針を刺しお薬を流すことによってタンクを通って接続されているカテーテルへとお薬が流れる仕組みになっています。

CVポート(リザーバー)ビジュアル解説CVポート(リザーバー)の構造・断面図

CVポートは前胸部、上腕部、鼠径部(そけいぶ)など治療にもっとも適したところに埋め込まれます。

CVポート(皮下埋め込み型ポート)を埋め込む場所

CVポートと接続されているカテーテル先端を上大静脈に留置し、ここからお薬が体に注入されます。

CVポート(リザーバー)の埋め込み位置中心静脈カテーテル(CVカテーテル)先端の正しい留置位置

スマートフォンで見る場合

パケット通信利用料はご利用者の負担となりますのでご確認の上、閲覧してください。
スマートフォンを横にしてご覧下さい。

スマートフォンで見るCVポートとは(動画)

メディ助|CVポート,PICC

リンク集 患者様向けサポートサイトを ご紹介します。

  • veins4life     NPO法人乳房健康研究会のピンクリボンパートナー
として乳癌患者さんを応援しています。

にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ    にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ

化学療法サポート携帯サイトQRコード
化学療法サポート携帯サイト http://chemo-support.jp/m/

化学療法サポート スマートフォン版 http://chemo-support.jp/sp/

このページの一番上へ